新しい風にのって♪ in Poland

寂しい時は 空を見上げてみよう !!




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

Japanese Culture Ⅱ 2017 :: 2017/02/11(Sat)

Cześć(チェシチ)

第一弾 → ☆ Japanese Culture 2017

1月末、小学校で第二弾 “ Japanese Culture Ⅱ ” に行って来ました。
今回、初めて折り紙ではなく
一時帰国の際に撮って来た写真を使ったちょっとしたクイズと習字をすることにしました。

事前の準備はなかなか大変でした (本音)
・・・ って言うのも
写真をスクリーンに映して それが何かを引き出すクイズ作りが結構大変で 。
その場で何も見ずにスラスラと話せる英語力も無いので

ちょっと紹介
Japan Culture Ⅱ 2017
駅で見た自動販売機  
“お茶の種類もコーヒーもジュースの種類も沢山” と言うと、
  “ わぁーーーーーーっ” て言う子供たち

見やすくアップの写真を見せて
Japan Culture Ⅱ 2017
さて、ココでクイズ !!!!

“ 日本では ポーランドで見かけない機能があります。さて、なんでしょう ? ”
       みたいな…   (この他 8つほど作成)

このクイズめちゃくちゃ盛り上がりました。


いつもこの様な授業の時に着物を着て欲しいと言われるのが定番。

でも今回、頼まれる前に、(マジェナ先生に)あなたが着ますか?と聞くと
 “ ええーーー 着たい!!! ” ってなって

Japan Culture Ⅱ 2017
( 私のだから…着丈が短い。 それと足が寒いと言うので靴下を…)

       似合ってますよね  

授業風景
Japan Culture Ⅱ 2017
              立っている女の子は 本日のカメラ担当

日本のお金も見やすく
Japan Culture Ⅱ 2017
子供たちは、10000円札の説明の時びっくり。
ポーランドで一番大きなお札は200 złoty   日本円で 5600円くらいなので…
                    ↑ ほとんど見かけない



最後は子供たちと記念撮影
Japan Culture Ⅱ 2017
子供たちや先生の胸元に付いているのは 私が折り紙で作った名札 
本当は私が直ぐに呼べるようにと思って作ったんですけど
子供たちにも大好評で作って大正解!!


手を振ってくれる子供たちは 次のプールの授業へ 
Japan Culture Ⅱ 2017
前回は私も一緒に同行させてもらったけど 今回は辞退しました・・・・


こちらは感謝の印として頂いたポーランド料理のレシピが英語で書かれた本
Japan Culture Ⅱ 2017

・・・・ しかし
手順は写真無し、完成写真はあるけど少しだけ 写真が全く無い料理も…しかもこの厚み…
Japan Culture Ⅱ 2017 Japan Culture Ⅱ 2017
                              大きいし重い。3キロはある…

習字の時の写真も載せたかったんですが 私のカメラにはその時の写真が無く
頂いたCDにと思っていたけど 何故か空状態…
今、新たに頂く準備中。
残念ながらココに載せるのに間に合いませんでした。

因みにみんなに書いてもらったのは “ 友 ”  です。


終わった直ぐは こうすれば良かった、ああすれば良かったと 反省ばかりでしたが
今ここに綴っていると
なかなか成功だったんじゃない?! って自己満足



Na razie (ポーランド語で またね)


スポンサーサイト
  1. 日々精進
  2. | trackback:0
  3. | comment:5

Japanese Culture 2017 :: 2017/01/22(Sun)

Cześć(チェシチ)

先週初めて街の小学校で “折り紙教室” を行ってきました。

今まで折り紙教室の様な事を行ったのは幼稚園がほとんど。。。。

新鮮というか ドキドキの方が勝ってた


ポーランドでは
今週末の 21日は おばあちゃんの日で 翌日22日がおじいちゃんの日
ということで、事前の打ち合わせで
折り紙でこれを作りプレゼントする事に決めていました。
2017 Japanese Culture

さっ スタートです

私が日本で買ってきた折り紙を使うのかと思いきや
折り紙より厚い紙が用意されてて…    ポーランドで売ってるモノ
2017 Japanese Culture
沢山買っていったとはいえ 一人9枚ずつ必要。
まぁ、折り紙は大事に使いたいよね・・・

折り方はプロジェクターでスクリーンに映しながら説明。
こちらは、私のお手製
2017 Japanese Culture
見向きもされなかったらどうしようと思ったけど そうでもなくて 嬉しかった

さすがに小学生、先生や私のサポートなんて要らず
自分でどんどんこなす子もいて
幼稚園児とは全然違うんだな~って
密かに子供の成長に感動してた (笑) ← 初めて会った子なのにね
2017 Japanese Culture

言葉が通じなくても同じ方向に向かっているから通じる
2017 Japanese Culture

              子供たちの完成品の一部
2017 Japanese Culture 2017 Japanese Culture

2017 Japanese Culture 2017 Japanese Culture
              空いたところに手紙を書いて完成。

先生は子供たちの記念写真を撮影   先生って大変だな…
2017 Japanese Culture


最後は歌のプレゼント
2017 Japanese Culture
          立って歌っている子は この歌が好きな子

で、次第に総立ち そして 振り付けも
2017 Japanese Culture
                    ↑ 頂いたお花

最後に 廊下で集合写真
2017 Japanese Culture

↑ 1枚目はみんなスマイルで2枚目は変顔。 
            どうやら先生の指示 だった (笑)


次回のJapanese Culture は初めての習字 と etc … を考えています。
ただいま その時に使う資料作成でアタフタ
                       いい報告が出来ますように…


Na razie (ポーランド語で またね)


  1. 日々精進
  2. | trackback:0
  3. | comment:3

ついに ポーランドでデビュー :: 2015/07/21(Tue)

Cześć(チェシチ)

ワタシ、ポーランドに来て一度も美容院に行った事がありません。
胸を張っていう事ではありませんが、5年もいるのに凄いでしょ (笑)
勿論、一時帰国の際は必ず美容院に行ってますけどね。
昨年と一昨年は年3回 一時帰国したのでわりと困りませんでした。

しかし、主人はそうはいかず
全く 技術力が感じられない美容院でも行かなければなりません。
女性は束ねたりしてアレンジすればどうにかなりますが、
男性はなかなか難しいですよね…

会社の人 (ポ人) に教えてもらって行くも何処も似たり寄ったりだし
おまけに英語は通じないお店がほとんどで
写真を見せてジェスチャーで伝えるらしいんだけど 笑える髪型になる時も…
だから、美容院から帰って来たらド素人の私の手直しが必要


そして今回、私の英語の先生に行きつけの美容院を紹介してもらい主人が行ってみた。
(私も興味深々で一緒に行った)
希望の髪型の写真を見せて打ち合わせ。
髪の毛は洗ってくれないけれど
ハサミの種類やバリカンの歯の部分を カットの仕方で使いわけてて
トータル40分ほどで終了。 
出来上がりもなかなかいい感じで満足げだった。
勿論、私の手直し無し


今回、私もその美容院でポーランドデビューしてきました。
カット無しのカラーだけをオーダー 
沢山の色の見本の中から決めていくのですが
ちょっとの英語力でも大丈夫でした。

で、結果から言うと・・・・・
次回もここなら “ 行くなぁ” って感じ。

シャンプー台は座って首を後ろに倒すだけのタイプ。
(日本で行っていた美容院は
これと同じタイプと椅子を倒すタイプの2パターンあった)

ついつい 日本だったら・・・・・って思っちゃう(汗)
日本で当たり前化している気配りが嫌な時もあったのに今では懐かしい

例えば、
* 首元の調節確認
* シャンプー時のお湯の温度などの確認
* 頭皮や首、肩などのマッサージ
* 前髪の分け目など聞いてくれない 
* 何をするにしても手順の通達なし (今から〇〇しますとか)  etc
     挙げたらきりが無いけど 気配り的な事はここで求めてはいけない


仕上がり
07 2015 初めての美容院 in ポーランド
  ブローの仕上がりは
  日本と変わりませんが
  ドライヤー中に焦げ臭い匂いが…
  見ると気になるので
  極力目をつぶってたわ
  
  仕上がりを見て
   いつもの分け目 (前髪) は、ここじゃないと
   言えず…


 ( 後ろのドアは濃い茶色 )

私は、元々地毛が茶色いんですが それより少し明るいブラウンにしました。
( 美容師さんは ナチュラルブラウンって言ってた )
この写真では髪の色が伝わりにくいですね…

参考までに、
物価が安いと思われがちのポーランドですが
カラーだけ (カット無し) で 6000円弱
高くも無いけど安くも無い…



次回はカットに挑戦したいと思います。



それでは ごきげんよ





  1. 日々精進
  2. | trackback:0
  3. | comment:9

私のホームステイ 2015 :: 2015/07/11(Sat)

Cześć(チェシチ)

今回 ほとんど写真を撮らなかったので
先日までのホームステイを サクッと綴っちゃいます

2年前の記事 → ☆ 初めてのホームステイ
            ☆ 初めてのホームステイ (食事編)

ここは私の英語の先生であるAgnieszka 夫婦の別荘
この辺り一帯は別荘地帯です。
写真を撮っている背の方に とんがり屋根が可愛い住居部分があります。

オレンジの矢印 の辺りが (泳げる) 湖ね
2015 07 ホームステイ
ここで夜遅くまで、ポーランドのトランプゲームをしました。 ← なかなか難しかったなぁ…

ズームで撮ると少しみえた。  ( 湖までは歩いて5分くらいで近いです )

2015 07 ホームステイ

ホームステイ中は 毎日チェアーを持って湖へ…
透き通っていて水は奇麗そうですが
私はチェアーでくつろぐ方が好き。 一応 水着は着ますけどね…
読書をしたり、ビールを飲んだりww

そして今回、娘ちゃんのOla (私が日本語を教えている子ね) が
お弁当を作って持って来てくれました。
2015 07 ホームステイ
* ジャガイモのふかし
* ズッキーニの香辛料焼き
* 鶏ささ身のハーブ焼き

天気が良く外で食べるお弁当は美味しかった

実はこのホームステイ中もそうだったんですが…
ポーランドも日本と同じ? この年頃の女の子はダイエットに励んでいて
Olaとは ほとんどの食事を一緒に食べ無かった。  ( 一緒に食べても別メニュー )
“ 色々難しい ”って母 であるAga の言葉に重みがあったなぁ (汗)

… だから 滞在中にしてくれたバーベキューも御主人と3人。
(その場に居たけど 全く食べない徹底ぶりのOlaは凄い…)
2015 07 ホームステイ
   ↑ 食べ終わって片づけたところの写真


寝る部屋はこんな感じ
ここはOlaの部屋で、
左の椅子の奥にOlaの布団が敷いてある。
2015 07 ホームステイ


今回は前回より少し短く
丸っと4日間の滞在だったけど 私にはこれくらいが丁度いい。
そして、
生活や習慣、文化が違う事を改めて感じたホームステイでした。

Agaからは
“ お客様扱いはしないから 自分の家のように過ごしてねぇ ”
と、言ってもらっていたけれど なかなか難しかった・・・・・


今回も貴重な体験が出来、私の宝ものになりました。




それでは ごきげんよ


  1. 日々精進
  2. | trackback:0
  3. | comment:5

練習 :: 2014/03/04(Tue)

Cześć(チェシチ)

こちらは、
ハマグリの貝殻の上に座っているお内裏様とお雛様 ♪
                           (叔母の手作り)
2014 雛祭り

今年の雛祭りの夕食は… いつもの ちらし寿司無し

って言うのも、ただいま日本からのお米 + etc の到着待ち。
前もって (ネット) 注文したにも関わらず、、、、、、、

いつもは注文して、
日本から2週間ほどで ポーランドの自宅に届くのですが
今回は3週間目に突入してもまだ (T_T)

なので、
桃の節句の夕食は、パスタ… ( 因みに、味は変えたけど昨日もパスタ )
さすがにパスタも 2日でギブだな (>_<)

こちらは手作り感だっぷりの ショートケーキ風
スポンジを焼いて半分に切り
真ん中に生クリームと苺を挟んでみた。
2014 練習
全てが甘さ控えめ、それにしても生クリーム薄すぎたwww

実はこれ ↑ は練習の為に作ってみた。
ポーランドでは、
誕生日本人が (男性も女性も) ケーキを持って行き
みんなにお祝いしてもらう自分主催の誕生日会をするんです。
この行事、職場でもあって、昨年主人もついにデビュー
                 あれから1年か… 早いな・・・・・・

この見栄えでは持たせられませんので
昨年同様、無難なロールケーキにします… (確定)

日本の様なケーキが買えるなら、迷わずお店で購入してる(爆)



それでは ごきげんよ~


  1. 日々精進
  2. | trackback:0
  3. | comment:13
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。