新しい風にのって♪ in Poland

寂しい時は 空を見上げてみよう !!




“ NOCNY SZLAK KULTURALNY ” :: 2015/07/07(Tue)

Cześć(チェシチ)

ホームステイから帰って来ました

滞在中は毎日暑くて 暑くて…
近くにある (泳げる) 湖は 芋洗い状態 。
ホームステイの時の写真整理 (あんまり写してないけど…) が終えたら
そちらの事を綴るとして
今回は 先月の事を…

毎年この時期に街のイベント
“ NOCNY SZLAK KULTURALNY ”   以前の記事 → ☆ 街の博物館
夜に開催する文化祭 みたいな感じ                  ☆ 街の博物館 続編 
2015 街のイベント

今年は寿司バーも協賛
2015 街のイベント

オープンしている時間、自由に見学が可能。

いつもは、注文しなければちょっと敷居が高く入れないけれど
この日は自由なので大賑わい

私が好きだったUla が辞めて 新たに入ったダレックさん
2015 街のイベント

私のガタガタ英語も 理解しようとしてくれる良い人
そして、店長さん曰く (ポーランド人として) ちょっと男前らしい。

巻いているところをアップ
向こう側の女性から質問攻め…
2015 街のイベント
カメラマンの私の手がブレブレ (汗)

私たちが、この日寿司バーにいたのは少しだけ
ほとんど夜の街をぶらぶら

夜、主人と二人で歩いていると
アルコール任せで 気が大きくなった人や若者のグループに
“ 〇国人 ” と からかわれて腹がたつけど  
この日は寿司バーのオーナーさんが一緒だったから そういうのは無い。
180㎝以上あって ちょっとマッチョだから向こうも避けるよね

まぁ、最近は “〇国人”ってからかわれても
強い口調でハッキリ否定 して 反論出来るようになりましたけどね。


話がそれました…
街の中も色々なお店が協賛しているのですが
外で 望遠鏡で星を見る催しもありました。
2015 街のイベント
私たちも順番に見せてもらい、確かに星はみえましたが
それの何が凄いのか分からず・・・・・・・

確か、
夜の10時過ぎで肌寒かったのにみなさん薄着でそっちにびっくりしました。
私は寒がりなので、薄手のコートを着ていたのですが逆に浮いてた (汗)

ヨーロッパの楽しい夏はこれから
羽目を外さない程度に楽しもうと思います。




それでは ごきがんよ


スポンサーサイト
  1. 寿司バー
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

別れと出会い :: 2015/06/08(Mon)

Cześć(チェシチ)

ちょっぴり間が空いちゃった (汗)

先週の木曜日、ポーランドは祝日
その連休にプチ旅行に出掛けていました。 ← “また!!” って声は受け付けません。
天気もよくすっかり日焼けしてしまい
時計の後がくっきり… (日焼け止めをしても焼けるのはなぜ ?)

その時の事は
次回綴りますので
お付き合い頂けると嬉しいです<(_ _)>
まず、写真の整理しなきゃ…



*  *  *  *  *  *

さて、今日は寿司バーのこと。

週に一度 Sushi-Bar へ おしゃべりしに行っているワタシ。
私がポーランドに住み始めたのと同じ頃
この街に初めて出来た日本食レストラン。

ココで迎えた初めての誕生日に行って以来
交流関係は続いている。

今より酷い私の英語を理解しようとしてくれた Damian-san、Beata-san
2人のお陰で 色々な人とも出会えた。

例えば、Sushi-Bar のスタッフ。
今は辞めてしまってもういないけれど
最初に出会ったスタッフのセバスチャンには
バスの乗り方を教えてもらった。
それも、私の家の近くのバス停までわざわざ来てくれて…
これもポーランド人の男性の優しさ?!

そのお陰で 私の行動範囲がぐっと広がった。

他には、
スタッフ(女の子)の彼のお店に誘ってもらったり…
と、今もふと思い出す。

1年弱働いていたUla。
年齢は私とお母さんの間くらい。
そして、彼女は英語が話せない 私はポーランド語が話せない…
コミュニケーションはジェスチャーと絵心の無い私の絵で伝わるミラクル(笑)
そうでなかったら、週一もSushi-Bar に行かなかったと思う。

先日、そのUlaが “腰を痛めて辞めてしまった” と聞いた。
行ったそうそう 聞かされた事実にすっかり落ち込んでいたら
Ulaがひょっこり現れた!!

私の来る日に合わせて来てくれた。
そしてこのネックレスを頂いた。
Ula & Ela
これは、Ulaの娘さん(Ela) のハンドメイドだそう。  (Elaとも顔見知り)
デザインや色の組み合わせが素敵。
それに合わせやすくてひと目で気に入った  アリガトウ♪

私はその場で、折り紙の裏に手紙を書いて渡した…
Ulaは十分喜んでくれたが
もっと違う形で、何か想い出になるものを渡したかったのが本音。



そして新たにスタッフとして入ったのが Darek  (ちょっと男前)

以前彼は、
ポーランドの大きな街のSushi 屋さんで働いてたらしく経験者
ちょっと驚いたのが My 包丁持参だった事。  (彼曰く 日本製らしい・・・)
Darek オリジナル
              彼オリジナルを試食させてもらった。
Darek オリジナル 
素直な意見を聞きたいと…
“ ポーランドで食べたお寿司の中では
間違いなく上位と感じるくらい美味しかった ” ← 本音

酢飯作りのお酢と砂糖の配合を替えたり
上の写真の卵焼きも彼特製


Big Party
因みに以前からあるメニュー 
   (メニュー名に私たちの街の名前 (日本) をオーナーさんが付けてくれた)
東京や京都より値段が高いところにオーナーさんの愛情を感じる(笑)

このSushi-Barも何かが変わるかも知れないと感じた。



それでは ごきげんよ


  1. 寿司バー
  2. | trackback:0
  3. | comment:7

BENTO :: 2015/05/06(Wed)

Cześć(チェシチ)

先週末の金曜日祝日だったポーランドは3連休でした。
そういう時、街中のお店はお休み。  更に つまらない街…
まぁ、私たちは旅行に出掛けたんですけどね 
その時の事は次回ね (笑)



今日はタイトルにある “ BENTO ”
私は主人が出張が無い限り BENTO を作ります。
社員食堂もあるのですが 『 BENTO がいい』 と、言うので…
( 変わり映えしません。汗 )

BENTO

BENTO
揚げものは白身魚だったりコロッケだったり… リンゴは同じ(汗)

BENTO
朝からの揚げモノは面倒だけど ガッツリ場所取りをしてくれるので助かる。
この日は野菜の天ぷら…  
それにしても 揚げもの多いな

BENTO
上からばかり撮っているのでわかりにくいですが
蓋は閉まらないので乗せているだけです (笑)

おかずは立てて入れると見た目が良く見えるので
私は立てて入れてます。  自己満足かもしれない
後、気を付けている事は見た目  (前も言ってたね…)
そして、味付けは濃い目にしてます。

日本でも冷凍食品はほとんど使っていなかったので
その点の不便は感じないけれど
練りモノや油揚げ、ちくわなどの加工食品が使えないのは痛い。



“ BENTO ” 繋がりでもう一つ

日本で 5月5日 と言えば子供の日ですよね。
いつものSushi-Bar で 子供の日に因んで 私が企画し
ワンプレート BENTO (限定メニュー) をしました。

毎度ながら 手作りポスターも作りましたが写真を撮り忘れ…


Sushi-Bar BENTO
* きゅうりの酢の物
* カレーライス (店長さんの希望でメニューに入れました)
* 人参のきんぴら
* カリフォルニアロール
* ひじき入り卵焼き
* ささ身の甘辛焼き

カリフォルニアロール意外ワタシの手作りです。 (限定20名様)

オーダーして頂いた方には喜んでもらえたのですが…
全部売れませんでした

コストを考え 安い食材でなんとか品数を増やして作ったのですが
BENTOのネーミング自体あまり知られておらず
興味を示すも オーダーする人が思ったより少なかった…
そもそも、ポーランドの5月5日は平日でお客様も少なめ
そして一番の問題は、
このイベントを周知出来なかった事だったと感じました。
Facebookだけでは十分でなかった…

定期的に ワンプレート BENTO 企画を続けたいようですが
正直、私としてはまだわかりません…
定期的にするとなると メニューを考えるのも大変だし
第一ワタシ意外作れません。 ← 大きな問題
改善しないといけない事が多々
しかし揺れている気持ちもあって
笑顔で食する姿、完食したお皿
そして帰りに、
“ dziękuję(ジェンクイェ) = ありがとう ”と言われるとめっちゃ嬉しい ❤

今は終わったばかりなので 少し考えたいと思います!!



* みなさんのブログへは明日以降にお邪魔しま~す

それではごきげんよ


  1. 寿司バー
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

日ポのご夫婦 :: 2015/03/27(Fri)

Cześć(チェシチ)

3月上旬頃だったかな… ( すでに記憶が曖昧 )
寿司バーのオーナーさんたちに
『日本食材を買いに行くけど行かない?』と、
声をかけてもらい一緒に連れていってもらいました。

行き先は このブログでも紹介した街 “シュチェチン”(厳密には違う)
お店は、寿司バーのオーナーさんがインターネットで見付けて
コンタクトを取り 初めて行くお店。

こちらのお店のオーナーさんは、
ご主人が日本人で、奥様がポーランド人(日本語話せます)

( いつも )私と寿司バーのオーナーさんたちとの会話は
私のつたない英語のせいで
伝える事が十分出来ず、お互い途中で諦めてしまう事も少なくない…
しかし、この日は奥様を介して不自由無し ♪
日本に住まわれた経験を持たれているだけあって
流暢な日本語を話してみえました (^^)


お店は 工場の一角を改装して作られている感じがしました。
寿司バーの仕入れ

寿司バーの仕入れ
ココで扱っているお米にはイタリア産があるそうで、
イタリアで日本の作り方で作られていて “とても美味しい” と、
オーナーさんにすすめておられました。
オーナーさんも今の在庫が無くなったら こちらのお米にシフトするそうです。

寿司バーの仕入れ
写真の許可は得たのですが 顔はマークを入れさせてもらいます。


こちらの日本食材の販売の他
オリジナル焼き肉ソースを作って販売されているそうです。

因みに、
私は数日前に日本から届いた食材で在庫がたっぷりだったので
購入せず…
しかし 帰りにお店お手製キムチを頂き恐縮
そのまま食べるより 何かに混ぜて食べて下さいとアドバイス頂いたので
まずは、キムチチャーハンを作りました。  美味しかったぁ~ご馳走様でした!

店舗軒お店は 頑丈な塀で守られています。
寿司バーの仕入れ
ちょっぴりわかりにくく
ポーランド人のオーナーさんでもお店の場所に迷ってた





それでは ごきげんよ


  1. 寿司バー
  2. | trackback:0
  3. | comment:5

別もの :: 2015/02/08(Sun)

Cześć(チェシチ)


前回も綴ったけど、最近ずっと感じるモヤモヤ ・・・・・
思い当たる節はあって
前回チラッと綴った事も原因の一つ。

以前までは、自分の気持ちを伝えず封印
それが最近 ストレスと感じるんですよねぇ。

私がその場で 意見や感情を伝えないのが駄目だったんだと思うんですが
伝えたところで変わらないと思う諦めと、気まずい雰囲気になるなら
敢えて議論し 無駄なエネルギー を使って疲れるのが無駄。


先月、
寿司バーで “ラーメンスープ” という新しメニューを作りたいと相談されました。
更に話を聞くと、麺の入ってないスープのようでした。
その情報は 寿司バーに来たお客さんから得た情報のようで…
本人たちに、ラーメン自体食べた事はあるのか尋ねると 『NO!!』 
やっぱり … 想像はしていましたけどね。

取りあえず
街のスーパーで売っている (日本のメーカー) インスタントラーメンを買って
野菜を入れたり、少しアレンジを加えたりして作り試食会。
『Bardzo OISHII = めっちゃ美味しい』 と、何度も言ってた   
OISHI の日本語の意味は教えています。  

まぁ、この後の事は想像していたけれど
“ これを新しいメニューに追加 ”  やっぱりね…

… しかし 楽して 儲けようという心理が働く。


そして先日行ってみると
麺と炒めた野菜を器にいれスープを少し入れ冷蔵庫で保管。
前日からの作り置きがされていました。。。。
(多分、作り方も更に簡単に変えているでしょう)

注文が入るとそれにお湯を加えて温めるようです…

それを見たただけで 食感や味の見当は付きます。
案の定… 不味い

私は お金を払ってまで食べたくありません…


さすがの私も素直な意見を伝えましたが
オーダーが入ってから作るには工程が多すぎるという言い分でした。
でもこれは、この前のラーメンと別のモノになっていると注意。

しかし、この言葉が響いたかどうかは次回のお楽しみ。
まぁ、なんとなく検討は付くけど


この事だけじゃないけれど、
真剣に向き合えば向き合うほどモヤモヤが増す。

街にある 唯一の日本食レストランだから 応援したいんだけどな・・・・
これからは深く考えず、自分らしくいこ!!



それでは ごきげんよ


  1. 寿司バー
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
次のページ