新しい風にのって♪ in Poland

寂しい時は 空を見上げてみよう !!




欠かさないメニュー :: 2017/03/22(Wed)

Cześć(チェシチ)

ご存知の方も多いと思いますが 私 お肉が苦手 ・・・・
ポーランドに住むようになって 以前より 仕方なく 食べるようになったけれど
好きではないので作る時は 夫の分だけだったりという時も

今週も出張の夫へ、是非 外食では肉料理を食べて下さい!! ← 私の願い (本音)


その代わり りくなも家でほぼ毎日登場するのがこれ ↓
サラダ
これは今朝作ったサラダ。  今回は7種類ですがいつもは10種類くらい入れます。
                                 ↑ まぁ、簡単なんでね (汗)

夫と一緒に食べる時はその都度大皿で用意し 各自が取り分けるスタイル
今のように出張中の時は、
自分の為にその都度用意するのが面倒なので 3食分まとめて作ります。

サラダ

  
  因みにこの容器 直径15㎝
  深さも結構あります。

何より、和食でも洋食でもなんでも合う ♪

肉団子の中華にも
肉団子




そしてこれはいつかのお弁当。
怠け癖が付いて手抜きです …
お弁当
1本は肉巻きにしましたが 色が悪かった (汗)

お弁当
母がよく作って散らし寿司には似つかない…
でも、ココで手に入る食材で 適当に

    料理の文句を言わない夫に感謝。
  感想もほとんど言わないけどね。



そうそう、Turk のフライパンめっちゃいいです。
以前、
そんなに良いフライパンは要らないと思っていたけれど そうでもないと思えてきた。
      難点はちょっと重い





Na razie (ポーランド語で またね)


スポンサーサイト
  1. 食 ・ 料理  
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

THE 手抜き :: 2016/12/15(Thu)

Cześć(チェシチ)

昨日の英語レッスン後 フラフラしていたので帰りが遅くなり
… と言っても、6時間ほどの外出 (汗)

久しぶりにポーランド料理の “ ピロギ ” が食べたくなったので
帰りに街で美味しいと評判の お店へ寄りました。

ピロギとは →

ここは手作りがウリで、見えるところで数人が常に作っています。
ピロギ屋さん
                                    (前の写真)

大通りから1本入った場所だけど地元の人には有名店
常にお客さんが並んでいます。

店員さんはポーランド語ONLY + ピロギの中に入っている種類が多い。(メニューが多い)
だから、ポーランド語で
“ 私肉が嫌いなの !! ” と強く主張してから注文します。
      基本、肉が入ってなければ何でもいい(笑)

* この注文の仕方は英語の先生に習いました。 結構使ってます(笑)

すると店員のおばちゃんが、
肉の入ってない種類をいくつか教えてくれるので適当に500g 頼みます。
たまに フルーツが入っているメニューもあるので注意ですが… (汗)


形になっているのを買ってくるので調理は楽。
買って来たピロギの調理方法 ← 言うまでもありませんが

沸騰させたお湯に塩を一つまみとオリーブオイルを少し入れる。 (くっつき防止)
ピロギを入れて10分ほど茹でる。 (沈んだピロギが浮き上がるのが目安)

フライパンに油またはバター そしてニンニクのみじん切りを入れて炒め
その後、ベーコンやマッシュルーム玉ねぎなど入れて更に炒める。
ピロギの茹で汁をお玉2杯弱入れて 塩コショウで味を調える。

お皿に茹であがったピロギを入れて そこに↑のソースをかける。
(この日は ピロギの上にチーズを乗せてその上にソースをかけました)

夕食
    
      命名するなら “ THE 手抜き ”
夕食

因みに 野菜は大好きなのでサラダはほぼ毎日この量です。
この日は10種類ほどの野菜を盛りつけました。 ← 切っただけで簡単 = 大好き
スクエアー皿に一人3回は食べれます (笑)
混ぜただけの ドレッシングは すりごま+マヨネーズ+砂糖+お酢+醤油+ごま油 ← 勿論目分量

メニューは ピロギとサラダ、 そして青大豆のひたし豆

この青大豆のひたし豆は、
日本の友達にもらって初めて食べたんだけど 食感が枝豆みたいで凄く美味しかった。
これからは買い置きしなきゃ!!  Nさんありがとうございました。





あっ、そう言えばポーランド人の夕食は…
基本 朝、晩は温かい料理は作らないそうです。
    (ハムやチーズ、ジャムそしてパンってこと…)

これは以前 アグネシカ宅で頂いた夕食。
ポーランド人の夕食
(夕食に温かい料理は食べないけれど
               夫と私が一緒だから ソーセージを焼いたわと…)


国によって食文化も色々ですね。

それでは ごきげんよ


  1. 食 ・ 料理  
  2. | trackback:0
  3. | comment:3

Ela's Birthday Party :: 2016/10/24(Mon)

Cześć(チェシチ)


先月末の出来事になります…

ある金曜日、ウーラから私の携帯にメールが届きました。
勿論 ALL ポーランド語 なのでパソコンで翻訳(笑)

“ 日曜日16時から 2人を食事に招待したい ” と、いうお誘い でした。


前回お邪魔した時 → () “ 次の日曜日は エラの誕生日 ”と聞いていて
誕生日の前後に何かプレゼントを渡そう思っていました。
          あっ、ハンドメイドじゃないモノね (汗)


で、当日(日曜日) 16時スタート。
ポーランドに来て、誕生日のお呼ばれは初めてなのでちょっと緊張。

日本から持って来た日本らしいもの (new) を詰めてプレゼント用に包装。
それと、花束とワイン。( こちらは近くのお店で購入… )

ポーランドの誕生日は誕生日の本人が料理を振る舞うという
日本とはちょっと違う感じです。

家族でする誕生日会で、大人が多く私たちを含めて7名+子供が2名
料理は、エラのお母さん(ウーラ) と用意したそうです。 (全て手作り)
2016 Ela Birthday
カメラでカシャカシャ撮る雰囲気ではなかったので携帯で…

この様な席では ポーランドのウォッカで乾杯
ビールやワインに替える事なく最初から最後まで…
ショットで一気に飲むのがマナー   みんな強いね(汗)

料理と共にケーキも一緒にスタンバイもポーランド流だろうか?!
2016 Ela Birthday
     ↑ このケーキはモニカさん (エラのお姉) の手作り。

フランスやベルギーで食べられているムール貝のワイン蒸しや
写真にはないけれど、
メキシコなどで食べられている“ トルティーヤ ” や“ 手作りピザ”など
バリエーション豊かな料理。

それに感動したのが、
肉料理が苦手という私の為に 私だけ変えて用意してくれていた事
     ポーランドに来てこういうの初めて…  感謝です。

こちらは ウーラ特製の南瓜のスープ
2016 Ela Birthday
裏ごしはしてない感じだったけど、舌触りは悪くない何故だろう?
勿論 味は美味しい
    * ポーランドのスープは飲むというより具沢山食べる感じが多いです。
    後、ポーランドの南瓜のスープには生姜がたっぷり入ります。牛乳は入れない


こちらも ウーラ特製ケーキ
2016 Ela Birthday
生地にほうれん草を混ぜて焼いたそうです。

エラはチーズケーキを作ってくれててケーキだけでも 3種類 。
どれも甘さ控えめで美味しくてついつい手が伸びちゃう (笑)


今回は夫も一緒だったのでコミュニケーョンは安心。
だって、私と比べられないくらいポーランド語が話せるから
笑顔で乗り切ろうとする 私とはえらい違いなの


ウーラのご主人クリスさんが コレを見せてくれました。
2016 Ela Birthday
これは何の車か知ってる?と聞かれ・・・・

答えは、共産主義時代のパトカーだそうです。
今は 『 警察 = POLICJA 』 ですが、昔は『 MO 』 だったんですって!!

そして、共産主義時代の時の話も少し聞かせて頂きました。

今までにもポーランド人の知り合いから何度か聞いた事はありますが
いつも想像以上で 言葉を選んでいるわけではなく
ただ、返す言葉が見つかりません。。。。
恵まれているのだとつくづく思う・・・・


エラの誕生日のお祝いなのに 真面目な話になってしましました。
ただ、ポーランドの人はこの話になるとずっと語り続ける人が多いです



翌日は月曜日という事で (20時前 )
夫がそろそろと話をまとめて お開き。

帰りに 3種類のケーキと クリスさんの手作りワインを頂き帰って来ました。
多分、みなさんが想像されたより多く
夫のお弁当にもプラスしたのに
ケーキを全部食べ終わるまでに3日間かかりました… 凄くないですか??
(家族や友達が近くに居たら 絶対おすそ分けする量です )


でも、頂いたケーキを食べて余韻に浸れる幸せな時間でした。
今の時代?買って済ませるって良くある事ですが、
手作りというのはお金で買えない贅沢なモノなので・・・・・




それでは ごきげんよ


  1. 食 ・ 料理  
  2. | trackback:0
  3. | comment:5

食べる順番 :: 2016/09/20(Tue)

Cześć(チェシチ)

旅行の事を綴り終えホット一息。
しかし、最近眼の調子が悪い・・・・  痛みというより痒み。 
よくある症状なので、
一時帰国の際 眼科で処方してもらった目薬を点して様子見です。

家の前の工事で毎日砂埃が凄いです。  ← 目の症状の原因の一つ…
元々毎日の掃除は掃除機後に水拭きですが 今は2度拭きです。
勿論、夫が出張中の時もする。。。。。。
そのせいで手のひらにマメが出来てゴツゴツ(汗)
こっちもどうにかしたい   

 
“ 最近カフェでゆっくりしてないなぁ~ ” = ケーキ食べてない。
そう思ったら食べたくなって週末戻ってくる夫に合わせてSoba (ケーキ屋さん) へ。
soba ケーキ
ポーランドのケーキは量り売りが多い。
切ってもらう大きさを伝えるのが難しく、
ついつい店員さんがナイフを置いたところで OK してしまう・・・・
そのままだと大きいので家で切ると4人分

結局 2日続けて食べる事になる。

私はタルトが好き(タルトの部分が固ければなお好き)
でも、2日目のタルトは味がグッと落ちるので好きではない・・・・
よって私はタルトを1日目に選んだ。
夫はそれを知らずかもう一つの方を選んだ。
案の定、翌日タルトを食べた夫の感想は私の想像通りだった



さて、今週も月曜日からドイツへ出張

いつからか出張の当日もお弁当を頼まれる。 
ドイツ出張の場合 車移動 (1人) なので途中のパーキングで食べるそう。
よって捨てられる容器に入れます。
途中で何か美味しいものでもと思うけれど…無いらしい。
それに しばらく日本食が食べられないからという理由。
お弁当 2016
朝から稲荷寿司とおにぎりの2種類を作った。
作りながら思ったけど どっちかで良かったのでは?? 
私のメニューのチョイスはいい加減・・・・・・

美味しそうとか嬉しいコメントを頂きますが、夫はこちらから聞かないとコメント無し。      
      夫曰く 美味しい証拠だそうですが。。。。。






それは ごきげんよ


  1. 食 ・ 料理  
  2. | trackback:0
  3. | comment:7

ぽつん … :: 2016/07/23(Sat)

Cześć(チェシチ)

最近、食材の買い物以外は外出していないりくなもです
しかし、2日に1回は行っています。  頻繁に外出?!
・・・・なので冷蔵庫はパンパンです (笑) 
今日はビールや牛乳など液体系の重いモノがあったので持ちきれず
2回往復しました・・・・ 。



そんな生活なので旬な話題が無い…
     少し前の写真を引っ張り出しました

私たちが住み始めた頃と比べるとずいぶんお洒落なレストランが増え
多少は何処に行こうか 選べる 迷うくらいに。

しかし・・・・・ 味は何処も似たりよったり これが現実。

ポーランド料理のレストランが一番多くついでイタリア料理、ピザ屋・・・・・


そしてこの街は、地元の人も認める ポーランドの中でも収益が少ない街。
観光も娯楽も無いし 産業もいま一つ。
利点?はドイツに近い事くらい  ← 私にとってかも(笑)

そんな事もあって、
   他の街より?外食する人が少ない by 友達の sushi-bar のオーナーさん


最近 それって本当かも!!って思う。
って言うのも、
週末お昼を食べに行ってもお客さんが私たちだけって時が何度も…

オープンする時間は12時~13時のお店が多いので
私たちはだいたい13時過ぎに行きます。


こちらはネットで見つけたレストラン 
          (車で行くと15分くらいだけどアップダウンが激しいので歩いては無理)
街のレストラン
カーテンで仕切って個室のようにも使えるようになっています。
街のレストラン

しかし、最初から最後までお客さんは私たちだけ・・・・

肝心の料理
街のレストラン 街のレストラン
パンとチーズの盛り合わせはサービス。  スープはお店おススメを別々に

街のレストラン
夫は肉料理 ↑   私は迷わずパスタ ↓ にしたけれど…
街のレストラン

街のレストラン
  びっくりするくらい
  オリーブオイル? 出現 ・・・・・
    体に悪そう。これは無理。
  
  “ お口に合いませんでしたか?”と
  聞かれたけど
  ホントの事は言えない(汗)

お口直し にアップルケーキにアイス乗せ ❤
街のレストラン
        一番美味しかった(笑)


また別の週末  

こちらのレストランもお客さんは 最初から最後まで私たちだけ…
街のレストラン
2階は エステサロンになっているそうです。 (平日と土曜日の午前中のみ)
街のレストラン

前菜はタルタルステーキと もう一つはなんやったけなぁ・・・・
街のレストラン 街のレストラン
      
街のレストラン 街のレストラン
こちらのレストランは 土曜日の昼間だというのに、
オーダーを取りに来るのも料理をつくるのも1人でこなしていてびっくり…

街のレストラン

  
  食後にコーヒーを頼んだら
  
  あなたたちを描いたよ !! と ・・・・

  勿論、夫のコーヒーにも ・・・・

  ほぼ、同じ顔 ・・・・・

  あっ、ありがとう (汗)



そしてまたまた、別の日 (夕方)

まだ新しいレストラン
ポーランドではまだよくある半地下にあるお店。
          (階段を下りた奥にあるのでわかりにくい)

店内は白を基調に明るい雰囲気。  飾られている小物も GOOD。
街のレストラン

窓はあるけれど 半地下なので明かりとりだけです。
街のレストラン

オープンキッチンで作っている人の顔もよく見えます。 
街のレストラン
ただ、黙々と作る感じで愛想はない

写真がボケボケですが・・・・
街のレストラン


昔?、ポーランドのレストランは、
量が多くてシェア-して食べる事が多かったけど
今は盛り付けも少し凝って 量も一人で丁度いいお店が増えてきました。

お洒落なお店も増えてきたので、後はお客さんですね
あと、英語のメニュー表を作ってくれると嬉しいなぁ。

それとも、 レストラン・改革の番組に応募が必要かな?? (笑)   



それでは ごきげんよ


  1. 食 ・ 料理  
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
次のページ