FC2ブログ

新しい風にのって♪ in Poland

寂しい時は 空を見上げてみよう !!




忘れられない日 :: 2011/11/23(Wed)

今日もなんとかブログや検索用として使っているパソコンは起動しています。
もう一台は今だ繋がらず…
『早くなんとかしてー』と叫んだところでどうにかなるわけでもなく



さて
11月23日は私の忘れられない日
2006.11.23に父が他界。

来年は7回忌で親戚にも来てもらう法事がありますが
今年家族だけで住職さんに来てもらってのお参りも無事終えたそうです。
確か去年はその場をスカイプでつないで私たちも一緒にお参り
住職さんもびっくりされていました。

今日はそんな父の事についてみなさんに聞いて頂こうと思います。


私の父はめまいがすると言って病院に行き検査の結果
医者からは余命1年の宣告を受けました。

その時既に
兄と私は結婚しており両親とは別々に暮らしていていましたが
それぞれが出来る事をして 父は自宅で普通の生活を送っていました。

たまに
父と二人でドライブや買い物に出かけたりして話した事を今も思い出します。
『人生 人それぞれだけど将来どんな人生の花を咲かせるかは自分次第』
『辛い時の我慢や努力があってこそ後で凄い感動や幸せがある』

私のブログのプロフィールにもあるように
『人生山あり谷あり』はそんな意味も込めて入れました。
以前の記事  見守ってくれる人

それに父は母に『我が人生 悔いはなし』と言っていたそうです。

家族の事も父なりに思っていて
『兄に母の事を頼み兄の事は父の誇りで兄の息子の事を父は宝物』と言っていました。
私は?って父に聞いても教えてくれませんでした…
どうやら主人に何か伝えていたようですがその事は今だ教えてくれません。



医者には余命1年と言われましたが2年9ヶ月病気と向き合いながら
父をはじめ家族みんなで闘いました。



生前私は父と約束していた事があります。
内容は言えませんがただ一歩ずつ達成していると思います。
それを最後まで見とどけてはもらえませんでしたが
父は空から見て喜んでいてくれるはずです。



今 母からスカイプがきました。
『私の友達のRちゃんから
父の命日に父の好きなお饅頭を送ってくれたよ。』って
母も大変喜んでいました。私は父のあの笑顔が浮かびました。
本当にありがとう。


そして今私がブログでお知り合いになった方や日本の友達など
周りに助けてもらって過ごして来れた事も感謝。
みなさんありがとう。

ワタシは人間一人では生きて行けないと思っています。





それではまた ごきげんよ~


スポンサーサイト



  1. 両親
  2. | trackback:0
  3. | comment:10