新しい風にのって♪ in Poland

寂しい時は 空を見上げてみよう !!




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

2015 Summer vacation Portugal & España Ⅱ :: 2015/08/18(Tue)

Cześć(チェシチ)
 
前回の続き →  ☆ 2015 Summer vacation Portugal & España Ⅰ

ポルトからリスボンまでバスで3時間
(途中停留所に1ヶ所寄ります)

リスボンに到着したのが13時頃だったと思います。
まず向かうはホテル 身軽にしなければ(笑)

ホテルのある最寄りの駅に降り改札を出た所で
『 日本人の方ですか? 』 と声をかけられました。

『 そうです 』 と答えてからの会話のキャッチボールが続く続く

初対面にも関わらず 気さくな方々(女性2人と赤ちゃん1人)
そして偶然にも、
私たちの宿泊するホテルが一人の方の家の道を挟んで向かい側だった事、
もう一人の方は 私たちの出身県で働かれてみえて、私はその方の出身県で働いたという
色々な意味で縁を感じたワタシ。

そして、別の所に行く予定だったにも関わらず
そのままホテルの前まで送って頂いてサヨナラ~
            ありがとうございました。

ホテルに荷物を置き、
『 〇タバに行くけどいかがですか? 』 的な会話があった事が頭から離れず
行ってみようという事になり行ってみたら
発見 (笑)

ほんの1時間弱前に顔みしり?になったと思えないほどのマシンガントーク

そこでまさかの 2時間くらい ?!
リスボン市内の情報や駐在者としてもろもろ・・・・
(途中でリスボン駐在者の方が電話で呼ばれ5人と赤ちゃん2人の大人数。爆)
コインランドリーの場所までググって頂きホント感謝しています。
  ↑ 自分たちが調べていった場所がホテルから遠くて…

歳も全然違うのに 話上手で聞き上手な方々
リスボン住みたいと思ったほど

あの時は 楽しい時間をありがとうございました。


早速、リスボン初日は教えてもらったレストラン 『 Pinoquio 』
07 2015 Lisbia in PORTUGAL

このシーフードパエリア マジめっちゃ美味しかった。
今回の旅行で何度も食べたパエリアだけど
間違いなく上位に入る美味しさでした。

07 2015 Lisbia in PORTUGAL
具沢山なシーフード   ただ、パクチーが苦手でそれだけは横に…

食事の後で、時間も遅かったんだけど
ラヴラ線のケーブルカーで終点まで行ったんだけど
夜景より夕日の方が良さそうと判断し直ぐに降りた (笑)

07 2015 Lisbia in PORTUGAL
 
   なんとなく雰囲気が…
   行きはこれに満員でした。



ポルトに続きリスボンも快晴続き

“ レスタウラドーレス広場 ”
07 2015 Lisbia in PORTUGAL

07 2015 Lisbia in PORTUGAL

“ ロシオ広場 ”
07 2015 Lisbia in PORTUGAL

“ サンタ・ジュスタのエレベーター ”
07 2015 Lisbia in PORTUGAL
連日凄い行列で並ぶのが面倒で諦めた・・・・

お次は路面電車に 適当に 乗ったら
“ エストレーラ 聖堂 ” に着いた (笑)
07 2015 Lisbia in PORTUGAL

観光地でのレストラン選びは ガイドブックが半分以上占めている我が家。

“ Dois Arcos ”          ここもガイドブック頼み
07 2015 Lisbia in PORTUGAL

ガイドブックの情報にあった
海老のガーリック風味をオーダー
07 2015 Lisbia in PORTUGAL

07 2015 Lisbia in PORTUGAL
 



  
  ビールは外せない (笑) 

本日おススメと聞いたのでそちらも
07 2015 Lisbia in PORTUGAL

そしてこちらと2杯目のビール    タコリゾット?! だったかな?
07 2015 Lisbia in PORTUGAL

因みにこちらのお店も
私たちが手に持っていたガイドブックを見て 日本人と認識され
帰りにこちらをご馳走になりました。
07 2015 Lisbia in PORTUGAL 07 2015 Lisbia in PORTUGAL
   甘いけどアルコール度数が強いお酒         ご馳走様でした♪

リスボンの海の玄関と言われている
“ コメルシオ広場 ”
07 2015 Lisbia in PORTUGAL
写真を撮っている背側には テージョ川が流れている。

“ くちばしの家 ”
07 2015 Lisbia in PORTUGAL
1522年に、第2代インド総監の息子によって建てられた邸宅。
現在は公的機関に使用されている。  by ガイドブック


“ カテドラル ”   
07 2015 Lisbia in PORTUGAL
正面入口の上にあるのは有名なバラの窓らしい。

リスボンでは この様な乗り物をよく見掛ける。
07 2015 Lisbia in PORTUGAL

やはり、路面電車を入れた写真は最高です。
07 2015 Lisbia in PORTUGAL

リスボン到着当日乗ったラヴラ線のケーブルカーに
夕暮れ時に乗ってみた。
07 2015 Lisbia in PORTUGAL
明るい時間に見ても迫力がある・・・・

外乗り?であってもキセルに当たると思うが(汗)
07 2015 Lisbia in PORTUGAL 07 2015 Lisbia in PORTUGAL
              道幅狭くなる前に降り 常習性を感じる。

ケーブルカーの終点の右手の奥の高台からの景色
07 2015 Lisbia in PORTUGAL
奥に見えるのが“ サン・ジョルジェ城 ”
07 2015 Lisbia in PORTUGAL


この後
“ ポルスタス・ド・ソル広場 ” と “ サン・ジョルジェ城 ” に
市電28番で向かったのですが
“ ポルスタス・ド・ソル広場 ”の展望台の景色は想像と違ってイマイチ…
07 2015 Lisbia in PORTUGAL 07 2015 Lisbia in PORTUGAL

更に “ サン・ジョルジェ城 ”は閉館30分前で入れず…

おまけに、帰りの市電28番では不幸にもスリ集団のターゲットになりました
一番に並んでいたにも関わらず男が横入り、
そして別の男は"どうぞ"の仕草、(私は、「横入りしといて何それ?」といった心境)
乗り込むと、奥がガラ空きにも関わらず
先に乗った男に通せんぼされて奥に行くことができない。

通せんぼをしている男の腕全体には入れ墨 …
その間、後ろをスリグループらしき男達(一人は"どうぞ"の男)に囲まれました。

私が、通せんぼされている事を言うと
主人がその男の腕を払いのけくれて奥に進む事が出来た。
そして、そのまま奥の角の場所を確保。

…が、スリグループも奥まで付いてきて
密着はしていないけれど 傍から離れず…
スリグループの一人が、主人に 『どこから来たんや』 と話しかけてきて (英語)
別の男が『日本人やろ?!』 的な事を言ってきたので
夫が 『日本人』 と答えると、何か納得した??

次の停留所で、私達の前をゆうゆうと歩きながら降りていった。
動いて行く市電の後ろから、ニヤニヤとしながら私達に手を振ってきた。
主人も動じず、手を振り返す余裕。 (私は冷めた目で無視)
それにしても この区間 私の恐怖心は半端なかった。

こういう時周りは見て見ぬふりなんですね… 自分も逆の立場ならそうか?!

写真はその事件の時ではないが 車内はこんな感じ。
07 2015 Lisbia in PORTUGAL
向こうから2つ目くらいのつかまり棒を使って通せんぼされた。

被害に遭わず未遂に終わった事は何よりも良かった。
また、主人のように冷静で動じない行動が必要だと思った。

* 到着当日に会ったリスボン在住の方にも
  『 市電28番には注意してね 』 と聞いていたので
  注意はしていたのですが こんな手口とはびっくりしました。



今回はここまで リスボンは後編へ続きます。

それでは ごきげんよ



スポンサーサイト
  1. 旅行・ お出かけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。