FC2ブログ

新しい風にのって♪ in Poland

寂しい時は 空を見上げてみよう !!




once again to Helsinki  後編 :: 2016/06/08(Wed)

Cześć(チェシチ)

前回 → ☆ once again to Helsinki


行きは9時前のベルリン発の飛行機で 帰りは18時前のヘルシンキ発 (3泊4日)
最終日までびっちり楽しめました   
          ポーランドだと時差も1時間で体もそんなに辛くないのがありがたい。

実は最終日の飛行機の時間を迷って…
結果的には遅い便にしたんですが それによってホテルを変更。
3日目のホテルは前日まで泊まっていたホテルと真逆で築1年くらいのNEW

朝食: 温かい食べ物はSTAUB鍋に盛られているし
    使われている食器はイッタラで 食欲が増します。
05 2016 Helsinki
写真には無いけれどサラダやチーズ、ハムなどもあり種類も多い
05 2016 Helsinki

05 2016 Helsinki

   しっかり食べ過ぎて
   昼食は食べれなかった…
           トホホ


前日までのホテルは重厚感があって このホテルは今どきって感じ
迷うけど、どちらかというとこのホテルのほうが良いかなぁ~
                   * 中央駅からの路面電車に乗れば直ぐ



最終日は日曜日。
飛行機は夕方なので時間はあるけれどそんなに遠くへは行きたくないのが本音。

という事で、最初に購入したデイチケット(4日間)を使って
ヘルシンキ郊外の“ スオメンリンナ島 ” へ

フェリーはマーケット広場から出ています
05 2016 Helsinki

船から見える景色も新鮮。
05 2016 Helsinki
島のような岩のようなところに家が建っていて毎日の生活大変だろうな…と
勝手な心配をしたり(汗)

15分ほどで “ スオメンリンナ島 ” に到着
05 2016 Helsinki

まず i へ行き マップをゲット
日本語版パンフレットには『 現代に生きる海上要塞 』 とありました。

05 2016 Helsinki

要塞の中
05 2016 Helsinki

覗き窓?
05 2016 Helsinki

“ クスターンミエッカ ”
05 2016 Helsinki
19世紀後半にロシアによって構築されたそうです。

ココからヘルシンキ市内を見ることが出来ます。
05 2016 Helsinki

下に降りられるように階段もありました。
05 2016 Helsinki

“ キングスゲート ”
05 2016 Helsinki
スオメンリンナ島のシンボルのようです。

島全体は遊歩道がありとっても歩きやすく
運動不足の私には丁度いい(笑)
05 2016 Helsinki

05 2016 Helsinki

“ 潜水艦ヴェシッコ ”
05 2016 Helsinki
1930年代にフィンランドで建造され 第二次世界大戦中に活躍した潜水艦。

島で住んでいる人の家はなかなかお洒落
05 2016 Helsinki

ポーランドではほぼ満開のライラックもヘルシンキではこれからが見ごろかな。
05 2016 Helsinki


ゆっくり回っても1時間ちょっと
しかし、間もなく出発する船が見えたので走った走った(笑)

05 2016 Helsinki

05 2016 Helsinki


時計は15時を回っていて これからは飛行機の時間を気にしながら…

05 2016 Helsinki
日曜日は16時に閉店というのを忘れていて
一通り見て トイレへ。 
さっ、本腰入れてと思って行ったら閉店してた

まぁ、手荷物はすでにいっぱいで入る余地なしだったんだけど・・・・


最後はホテルの近くの カフェ Ekberg へ
閉店30分前で滑り込みセーフ。     ただ、この時間ケーキの種類は少ない…
05 2016 Helsinki
                           ケーキとカプチーノで 21.7€


そして、ヘルシンキからベルリンへ2時間ほどのフライト。
ベルリンからは車で2時間ちょっとかけてポーランドの自宅へ。 
日曜日の夜だから道は空いててラッキー  あっ、運転は夫ですけどね(笑)



ー 余談 ー

ヘルシンキから帰って来た翌日の月曜日の朝
蛇口をひねると 濁った水が・・・・・・
ポーランドの自宅
朝食とお弁当は買い置きしているペットボトルのお水で
                     なんとか補えたけど洗濯は無理

そのうち水だけじゃなく停電、衛星も映らなくなり・・・・ もぉ!!
ヘルシンキの余韻に浸る余裕なし。 これがポーランド (泣)





最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回からポーランド生活に戻ります。


それでは ごきげんよ


スポンサーサイト



  1. 旅行・ お出かけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:7