FC2ブログ

新しい風にのって♪ in Poland

寂しい時は 空を見上げてみよう !!




Ela's Birthday Party :: 2016/10/24(Mon)

Cześć(チェシチ)


先月末の出来事になります…

ある金曜日、ウーラから私の携帯にメールが届きました。
勿論 ALL ポーランド語 なのでパソコンで翻訳(笑)

“ 日曜日16時から 2人を食事に招待したい ” と、いうお誘い でした。


前回お邪魔した時 → () “ 次の日曜日は エラの誕生日 ”と聞いていて
誕生日の前後に何かプレゼントを渡そう思っていました。
          あっ、ハンドメイドじゃないモノね (汗)


で、当日(日曜日) 16時スタート。
ポーランドに来て、誕生日のお呼ばれは初めてなのでちょっと緊張。

日本から持って来た日本らしいもの (new) を詰めてプレゼント用に包装。
それと、花束とワイン。( こちらは近くのお店で購入… )

ポーランドの誕生日は誕生日の本人が料理を振る舞うという
日本とはちょっと違う感じです。

家族でする誕生日会で、大人が多く私たちを含めて7名+子供が2名
料理は、エラのお母さん(ウーラ) と用意したそうです。 (全て手作り)
2016 Ela Birthday
カメラでカシャカシャ撮る雰囲気ではなかったので携帯で…

この様な席では ポーランドのウォッカで乾杯
ビールやワインに替える事なく最初から最後まで…
ショットで一気に飲むのがマナー   みんな強いね(汗)

料理と共にケーキも一緒にスタンバイもポーランド流だろうか?!
2016 Ela Birthday
     ↑ このケーキはモニカさん (エラのお姉) の手作り。

フランスやベルギーで食べられているムール貝のワイン蒸しや
写真にはないけれど、
メキシコなどで食べられている“ トルティーヤ ” や“ 手作りピザ”など
バリエーション豊かな料理。

それに感動したのが、
肉料理が苦手という私の為に 私だけ変えて用意してくれていた事
     ポーランドに来てこういうの初めて…  感謝です。

こちらは ウーラ特製の南瓜のスープ
2016 Ela Birthday
裏ごしはしてない感じだったけど、舌触りは悪くない何故だろう?
勿論 味は美味しい
    * ポーランドのスープは飲むというより具沢山食べる感じが多いです。
    後、ポーランドの南瓜のスープには生姜がたっぷり入ります。牛乳は入れない


こちらも ウーラ特製ケーキ
2016 Ela Birthday
生地にほうれん草を混ぜて焼いたそうです。

エラはチーズケーキを作ってくれててケーキだけでも 3種類 。
どれも甘さ控えめで美味しくてついつい手が伸びちゃう (笑)


今回は夫も一緒だったのでコミュニケーョンは安心。
だって、私と比べられないくらいポーランド語が話せるから
笑顔で乗り切ろうとする 私とはえらい違いなの


ウーラのご主人クリスさんが コレを見せてくれました。
2016 Ela Birthday
これは何の車か知ってる?と聞かれ・・・・

答えは、共産主義時代のパトカーだそうです。
今は 『 警察 = POLICJA 』 ですが、昔は『 MO 』 だったんですって!!

そして、共産主義時代の時の話も少し聞かせて頂きました。

今までにもポーランド人の知り合いから何度か聞いた事はありますが
いつも想像以上で 言葉を選んでいるわけではなく
ただ、返す言葉が見つかりません。。。。
恵まれているのだとつくづく思う・・・・


エラの誕生日のお祝いなのに 真面目な話になってしましました。
ただ、ポーランドの人はこの話になるとずっと語り続ける人が多いです



翌日は月曜日という事で (20時前 )
夫がそろそろと話をまとめて お開き。

帰りに 3種類のケーキと クリスさんの手作りワインを頂き帰って来ました。
多分、みなさんが想像されたより多く
夫のお弁当にもプラスしたのに
ケーキを全部食べ終わるまでに3日間かかりました… 凄くないですか??
(家族や友達が近くに居たら 絶対おすそ分けする量です )


でも、頂いたケーキを食べて余韻に浸れる幸せな時間でした。
今の時代?買って済ませるって良くある事ですが、
手作りというのはお金で買えない贅沢なモノなので・・・・・




それでは ごきげんよ


スポンサーサイト



  1. 食 ・ 料理  
  2. | trackback:0
  3. | comment:5