新しい風にのって♪ in Poland

寂しい時は 空を見上げてみよう !!




散歩 :: 2016/10/16(Sun)

Cześć(チェシチ)

少し前になりますが、散歩に出かけました。
これと言って当てもなくただブラブラ・・・・・

日本では車に乗っていたので 散歩に出掛けるというよりはドライブがほとんど。
ポーランドに来てから散歩に出かける回数が増えました。
  ( こっちの運転免許も取得したがペーパーです )

ただ、ポーランドで散歩に行くといつも思う事があります…
それは 歩道ですれ違う時 “ 譲り合いの精神が無い!!”

歩道の幅がそんなに広くない時、
こっちも 2人、向こうからも 2人で並んで歩いていると
すれ違う時 誰かが (下がって) 譲らないとすれ違えません。そういう時
ほとんどこっちの人はギリギリまで 譲らないです!! 
 
こっちが先に 譲る素振りを感じるのか…  向こうは常に真ん中を。

先日も、並んで2人くらいしか通れない幅の歩道で
私は一人 向こうからは二人 (横並び) でやって来ました。
案の定、対向から来た二人は どちらも下がる気配なく突き進んできて…
正直 イラッとしました。
マナーが無いというか 残念な人だな~って。

この他、横並びに3.4人で道の真ん中を歩いて来る人…
そういう人もギリギリまで横に寄ろうとしません。 迷惑です!!

こういったシチュエーション 本当によくあるんです・・・・・


さて話題を変えて、街で見かけたこちらの絵
共産主義時代のマンション
共産主義時代のマンション

1965年と50年の文字があるので 多分昨年には描かれていたものだと思います。
そして映画のフィルムを食べている絵があるので
映画が50年という意味でしょうかね !?

この他にも、
通り沿いで目立つマンションの側面には色々な絵が描かれているんですが
前に広告の一つだと聞いたことがありますが…
本当のところはわかりません
      勿論 ただの落書きもありますよ

車だとあっという間に通り過ぎて 気にも留めない時の方が多いですが
歩きだとゆっくり時間が流れるというか…
私にとって時間の流れが、日本の生活とポーランドの生活のようです。


次はポーランド料理の代表 “ ピロギ ” の人気専門店。
ピロギ屋さん
お店の奥で手作りしていて軽く茹でてあります。 購入方法は量り売りです。
家でもう一度ボイル + ソースは自分で作らないといけないですが
当日に作った生地しか売って無いので美味しいです。 (持ち越し無しと聞いています)

ポーランド料理 かつ 手抜き 簡単に済ませたいときは私も利用


      ・・・・・・でも やっぱり日本人
   いつものネットで (日本の) 新米を注文 (会社経由 ← めっちゃありがたい) 

      2016新米
  まだ新米が全部で揃って無い早い時期に注文したので
           産地は選べなかったけど…
       出張から戻って来たのでまずは日本食
           朝は新米でおにぎり贅沢 ~
 





それでは ごきげんよ


  1. (ポ) 街のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:11

ポーランドのあるある :: 2016/10/09(Sun)

Cześć(チェシチ)

前回の続きがあったのですが 今回はお休みして別の事…


肌寒くなってきましたが 散歩がてら 街の旧市街 まで徒歩で行きました。
車だとあっという間に通り過ぎる道をあっちふらふらこっちふらふら…
こっちに来て散歩する機会が増えました(笑)
今は紅葉が始まって奇麗です

ちょっと早めの夕食に選んだのは 川沿いのレストランから1本入ったところ。
時間を選ばないと満席になるほどのレストラン。 
一応この街では人気のお店。

現に、
お昼ご飯には遅く 夕食には早い時間に行ったにも関わらず窓側の席はいっぱい…
よって店内の写真は控えました

最初に頼んだのは Chłodnik
これは代表的なポーランドの夏のスープのです。 (夏限定が多いです)
食べかけの写真で申し訳ないのですが…
Chłodnik フウオドニク 
ヨーグルトとビーツの冷たいスープ。
色がピンクでびっくりしますが 美味しいです。

私のメインはサーモン、夫は豚肉
ポーランド料理

共にサラダとポテトがてんこ盛り (笑)

味は言うまでも無く普通に美味しい。
凝った料理ではないので当たり前ですが…
当たり外れがあるので ココであまり冒険はしません

この日はデザートまでたどり着けず 終了。



そうそう、食べ物の後でこの話題もどうかと思うのですが
いつも不思議に思う事があって…
ポーランドのトイレ
ココまではよくある普通のトイレ

違和感を感じるのはココ ↓
ポーランドのトイレ
トイレットペーパーってこの向きですか?


因みに別のレストランでもこの向きでしたが…
ポーランドのトイレ

ポーランド人の友達のお家のトイレもこの向きでした。
コレもところ変わればなんでしょうかね??



それでは ごきげんよ


  1. (ポ) 街のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:11

マンションも進化? :: 2016/08/10(Wed)

Cześć(チェシチ)


りくなも家の夏休みも終わり、今日から 地味な 日常に戻りました
早速、今年の夏休みの事を綴ろうと思っていたのですが
毎度の事ながら膨大な写真の量に・・・・・・・・ すでに逃げ腰です (汗)



… と、言う事で今回はちょっと軽めに、
ポーランドのマンションの紹介を…   (写真は 以前に撮ったモノも含まれています)

街で一番よく見掛けるのは 共産主義時代に建てられたマンション ↓
共産主義時代からのマンション
  ( 前にある鉄棒は、住人が絨毯をかけて叩く時に使っていました )

* 建物は 定期的に壁が塗りかえられているようですが、
  いつもこんな色合いで最初びっくりしました…


一般的に、5階建てまではエレベーター無しです。

建て方は同じで10階以上のマンションもありますが
昔はエレベーターが無かったそうです。
(今は5 階以上は義務付けられているので 古いマンションにも取り付けられているそうです)

↓ こちらが共産主義時代に建てられた10階以上のマンション
マンション

こちらの奥の建物も 共産主義時代のマンション  (5階建て)
この様に バルコニーのところだけ色が入っていることが多いです。
新しいオブジェ

関係ないけど、
以前に紹介したバケツを使ったオブジェに大きな自転車が加わりました


旧市街の近くで見つけたマンション。
壁面の柄がちょっとワンポイントでお洒落。 
DSC04306.jpg
ちょっとだけラトビアにあった建物にも似てる…
   (ラトビアはもっと凝ってたけど) 


比較的新しめのマンション
マンション
1階部分が車庫になっています。

3年ほど前に建ったマンション
マンション

見た目からしても今どきですよね~

こちらは最近完成したマンション (入居はまだの様子)
新築マンション

落ち着いた色合いでこのマンションもええなって思ったけど
何処もバルコニーが小さいから・・・・・そこがなぁ
     どうせ住まない私のコメントはどうでもいいんですが…


最後に私が住んでいるマンション 新築だったので築 7年です。
見た目はこんな感じ。  ( * 家とは別のマンションです)
マンション
オレンジ屋根が可愛いですよね



こうやって見るとマンションの進化を感じます ♪
皆さんはどれがお好みですか?



*  *  *  *  *

夏休み明け直ぐ、夫が出張に …  
  今週末は移動。 しかも乗り換えの飛行機が取れず5時間のタクシー移動って ちょっと可哀そう…

その分 私は、余韻に浸りながら ゆっくり、ゆっく~り 旅行の事を綴ろうと思います。

因みに、
普通のカメラで私が撮っても こんな素敵な一枚になる場所に行って来ました
07 2016 Chester in UK
            カラーも良いけどモノクロも素敵


それでは ごきげんよ


  1. (ポ) 街のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

大渋滞の理由 :: 2016/07/08(Fri)

Cześć(チェシチ)

最近、街で毎週末イベントが開催されます。

しかし、スタート時間は遅く昼過ぎからやっと準備を始め… (汗)
街のイベント

川沿いに出来た仮設のステージは意外と立派。
街のイベント
本番(夜)に向けての最終打ち合わせにしてはぎこちないし
衣装を着ていないせいか まとまり感は今一つ・・・・・

本番では練習の成果が発揮出来ますように。



ここからは先週末

珍しく大渋滞…
全然動かなくて、私たちは諦めて別の道へ抜けました。
こんな渋滞久しぶり
街のイベント (街の日)

理由はコレ!!

『 街の日 』 と言うタイトルの大きなイベント  
街のイベント (街の日)
この先の道が通行止めになって 歩行者天国になってた。

お店の前にパラソルが出ると夏を感じる~
街
因みに、1枚目のステージはこの写真の先にあったよ。

携帯で撮ったから写真が荒いけど
街のイベント
川の反対側には (仮設) ビーチコートが出来てた。

橋を渡って食べ物の露店がずらり
街のイベント (街の日)
ポーランド人にとってお昼は14時頃なんで
私たちが行った時 (12時過ぎ) はお客さんも全然いない・・・・
開け始めたばかりで準備しているお店多かった

私たちもこれといってそそられる食べ物も無く さっさと退散。
  本音を言えばもう少し頑張って欲しいな・・・・


出店の前の川岸にも大きなステージ
街のイベント (街の日)
スタートは15時から。
有名なアーティストも出演するので観光客も多いようです。
(こういう時、ヨーロッパは陸続きなので便利ですよね)

* ネットで街のホテル情報を検索したらほぼ満室!! よっぽど暇ねワタシ (笑)


こっちから見た向こう (さっきの) の川岸.。
街のイベント (街の日)
カラフルなパラソルは屋台のお店
    (ハンドメイドの作品や自家製ハチミツ、健康食品など多かった)



買い物を済ませ、イベントが始める前に帰宅・・・・
洗濯を入れ終わると もの凄い雨。
ツイている時はツイている


7回目の夏。
スピードは 遅いけど 年々変化を感じている。
でも、まだまだ変われる気がする!!  
         頑張ろう
数年後に今との変化をチェックしたいわ… ← 上から目線…



夫は明日から日本へ
今以上に私に自由な時間がやってくる


それでは ごきげんよ


  1. (ポ) 街のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

2016 Nocny Szlak Kulturalny :: 2016/06/17(Fri)

Cześć(チェシチ)

先週末、Sushi バーのオーナーさんと飲みに行って来ました
丁度その日は、毎年恒例の夜に開催する文化祭の日でそちらも行けてラッキー
比較的安全な街とはいえ 深夜はさすがに 夫と二人で歩くのはちょっと怖いです。

ダミアンさん (オーナー) との待ち合わせは20時30分。
日本人からしたらこの時間からのスタートってちょっと遅いですが
さすがに7年目、夕食も食べて暖かい服装。色々熟知しています(笑)

ここでの飲み会というと飲むだけです。最初の頃は全然知らなくて
腹ペコで行ってえらい目にもあったり、
夜はこんなに冷えるとは知らず昼間の延長の服装で行ってえらいことになったり…
そしてこれはどうにもならないのだけれど、飲み会の時間が凄ーーーく長いという事。


実はダミアンさんとゆっくり会うのは半年振り… 
待ち合わせしたところは街を流れる川に浮かぶ船のバー
2016 Nocny Szlak Kulturalny
               
2016 Nocny Szlak Kulturalny

想像していた通りビールだけ(笑)  周りのグループもほぼ飲み物だけ・・・・
2016 Nocny Szlak Kulturalny
初めて知ったのが 常温か冷えたビールのどちらかを選べたこと。 知らなかった…
2杯目は瓶ビール。 (この街の地ビール)
2016 Nocny Szlak Kulturalny

22時頃になると景色も変わり 景色も2度楽しめますよ~
2016 Nocny Szlak Kulturalny

2016 Nocny Szlak Kulturalny

募る話を2時間ほどした頃 ダミアンさんのNEW彼女と合流。
      (多分、私たちに紹介したかったんだね って、夫婦談の結論。笑)


4人で夜の文化祭へ繰り出した。
パンフレットによると 今年は32ヶ所でイベントをしているようです。

そこから選んだのは街のフィルハーモニー楽団による音楽祭
2016 Nocny Szlak Kulturalny

それも野外・・・・    (時間によって区切られています)
2016 Nocny Szlak Kulturalny
4人のオーケストラの方が演奏中  バイオリンと・・・なんやろ (汗)
少人数にもかかわらず迫力があってなかなか良かったです。
2016 Nocny Szlak Kulturalny
観賞中

・・・・・・・ ただ、寒くてそんなに長く座ってられない(汗)


次は電車のなんちゃらに行こうとなって
ダミアンさんがそこに電話で確認したらCloseしたって
どうやら勝手に終わったみたい… やっぱりここはポーランドだわ

次に行ったところは星を見るブースだったんだけど
いかにも怪しそうな人たちと、若者の酔っ払いばっかりでさっさと退散。

その後、今は使われいない学校へ (写真と絵の展示)
2016 Nocny Szlak Kulturalny

この様なイベントの時に使われる場所になっています。
壁などは奇麗にペイントされていますが 古さなのか?冷たい感じがする廊下。
2016 Nocny Szlak Kulturalny

何故か奥のスペースでテンポの良すぎる 耳障りの 音楽を流し
2016 Nocny Szlak Kulturalny
不快と感じる人もいたのは事実。  ↑ この女性もガン見
    夜中の1時前だし 観賞するのに合う曲にしなきゃ…

子供たちが描いた絵
2016 Nocny Szlak Kulturalny

小学生の時に絵の宿題(授業での絵を完成させる)が出て…
私を見かね怒りながらも・・・父と兄が手伝ってくれた思い出が甦りました。


別の部屋では、昔の景色と今の景色の写真が展示
2016 Nocny Szlak Kulturalny



  

  奥に見えるのは
  この街のシンボルでもある教会
  今の橋に架け替えられるところ?

2016 Nocny Szlak Kulturalny


  


  
  周りの景色は変わっても
  昔の建物は残して
  上手く共存させています。

2016 Nocny Szlak Kulturalny


  

  
  昔、牛乳屋さんがあった場所は
  現在、ショッピングモール。
  その館内の一部に
  昔の面影が残されているそうです。

2016 Nocny Szlak Kulturalny

  


  

  この街に最初に出来た
  大型のショッピングモール前


ここの見学が終わったのが夜中の1時過ぎ・・・・

オーナーさんが “最後の締めはケバブだな” って言うので
        日本人的にはラーメンなんだけど… (汗)

思う事 (こんな時間にとか…) はあるけれど

2016 Nocny Szlak Kulturalny

1時間ほどしゃべって オーナーさんにタクシーを拾ってもらって帰宅。

そうそう、この街を走っているタクシーも色々みたいで
3台タクシーが止まっていたんだけど
オーナーさんがみた瞬間 “ 前のはぼられる!!” って
後ろに居たタクシーに声をかけ 値段交渉、
そして妥当な値段?だったみたいですんなり決定。
     (ただ、このタクシー メーター付いてなかった。汗)



オーナーさんは話題豊富。
その内容にドキドキハラハラするけれど それがまた新鮮で楽しい時間。
ありがたいわ

“ 次はカヤックに一緒に行こう” と誘ってもらったので行ってきま~す。




それでは ごきげんよ

 

  1. (ポ) 街のこと
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
前のページ 次のページ